乾燥肌に良い食べ物は?

その乾燥肌、原因は食べ物かも!?


5176e849cf491129d353dbd5d2252019_s


乾燥肌に悩む女性は多いもの。夏場でも、クーラーなどの影響で肌が乾燥しやすくなる場合がありますが、特に秋から冬にかけての季節は肌の乾燥に拍車がかかる時期。

顔はもちろん、手指やボディのカサカサ乾燥も気になりますよね。一生懸命、保湿化粧品でケアをしているのにいまひとつ効果があらわれない、という方もいるでしょう。

そんな方はもしかしたら「食べ物」に原因があるのかもしれません。乾燥肌の対策として、一般的には保湿化粧水や美容液、クリームなど、外側からのスキンケアを重要視しがちなのですが、実は、食べ物による体の内側からの働きも大きくかかわっているのです。

乾燥肌と食べ物の関係をみてみましょう。


乾燥肌と食べ物の関係

乾燥肌とは、皮脂の分泌量、角質層の水分、天然保湿因子の量などが何らかの原因で少なくなってしまった状態の肌。栄養バランスの偏った食事を続けていると、体の代謝機能が悪くなり、肌の表面を守っている皮脂の分泌が減ってしまうため肌が乾燥しやすくなってしまいます。

また、栄養バランスが偏ると腸内環境にも悪い影響が出て、乾燥や肌あれを引き起こしやすくなります。体の内側が健康でないと外側からどんなに保湿力の高い化粧品で入念なケアをしてもその潤いがとどまりにくく、保湿してもすぐに逃げてしまいますので肌も乾燥してしまうのです。

乾燥肌が気になるのなら。外側からのスキンケアと内側からの食事バランス、この2方向からのケアを怠らないことが改善への近道です。


乾燥肌を悪化させる食べ物に要注意!

乾燥肌に悩んでいても、その原因が「食べ物」にあるとはなかなか気づかないものです。美肌のためには「栄養バランスのよい食べ物を摂る」が基本ですから、これを常に意識した食生活を心がけましょう。

以下に、乾燥肌に悪い影響を与えてしまう食べ物を挙げてみました。

●ファーストフード、スナック菓子
ファーストフードやスナック菓子は塩分・脂分がとても多く、血液をドロドロにしてしうため摂りすぎると体の代謝が悪くなります。疲れた時など、塩分が恋しくなってついつい手が出てしまいがちですが、食べ過ぎは禁物です。ポテトチップス片手にテレビを見ながら、気づけば一人で一袋食べてしまった…などということのないように。
●冷たい飲み物、アイスクリーム
冷たい飲み物や食べ物で体が冷えてしまうと体の血行が悪くなります。血行が悪いと代謝も悪くなり、乾燥肌がひどくなる場合がありますので要注意。
●ケーキ、スイーツ、ジュース
ケーキやスイーツなど糖分が多いものを摂りすぎると、腸内の悪玉菌が増えてしまい腸内環境が乱れてしまいます。ジュースや清涼飲料などの甘いドリンクもそうですが、スポーツドリンクにも糖分がとても多く含まれています。体のために、水分補給によかれとスポーツドリンクをガンガン飲んでしまうと、あっというまに糖分の摂りすぎになってしまいますので注意しましょう。
●コーヒー、アルコール、香辛料
コーヒーに含まれるカフェインや香辛料などの刺激物は血管を収縮させる働きがあるため、血行を悪くさせ代謝も悪くなります。アルコールは体内で分解される際に大量の水分が持っていかれるので、肌からも水分をとられてしまい、乾燥を促進させることにもなります。

709968d27652e6e1722adf6d68a71bfd_s



記事一覧